ページ

2017年1月9日

2017年 スターの年

2017年 スターの年


2017
年になりました。皆様にとって、今年がとても良い年になることを願っています。

これは11日に創ったものです。今日はこの背後にある考察をシェアしたいと思います。




これらは、数字、オーラソーマ、タロット、そして2017年の全体像の考えです。

私の人生を見てみると、アイディアは私の今年の計画に正に共鳴しているという事をシェアできます。

そして、2016年を振り返ってチェックしてみると、分析は私達が昨年目にした事にとても一致しています・・・。どういうことなのか、読み進めてみてください。

2016年の破綻

2016年はまさに、タロットカードのタワーと関連があった年でした。

カードは、塔に雷が当たり、地面に落ちていくのが伝統的なイメージです。

私達は作り上げた構造があちらこちらで壊れるのを目にしました。

EUとEU離脱。イギリスの政党党首の交代。
そして最大の驚きは、アメリカ大統領選挙でトランプが勝利したこと。
どこからともなくやってきた小さなレスターシティーというチームがイングランドプレミアムリーグで優勝という事もありました! 

記憶に残る事と、忘れていく事両方の事があった年です。

スター

2017年が始まりました。スターの年。

オーラソーマでは、B17は、グリーンとバイオレットの組み合わせであるトルバトールとして知られているボトルです。

写真には2つのB17 のボトルがあります。

一つはマゼンタの蝋燭の前にあり、二つ目は下層のバイオレットとがもっと色合わせている2つの蝋燭の間にあるもの。 

この2つ目を含めたのは、初期の75Iミリのバランスボトルだからです。

B17の色は、内側のスピリチュアルな静けさ(バイオレット)がこの世というスペース(グリーン)で表現されることに共鳴しています。

2017年はインスピレーションの流れをこの世界に受け入れる事によって、私達の魂の目的を生きる年としてこれは、提案しています。

これを別の表現をするのであれば、過去のトルバトールから見ると多分もっと理解しやすいと思いますが、“あなたの歌を歌うとき” 



私たちがこの新しい方法に踏み出す自由は、昨年のプロセスが助けてくれています。

バイオレット/バイオレット(訳注B16のボトルの色)タワーの2016年は過去からの制限する要因を解放し、時代遅れの構造を破綻させました。

B17の上層のグリーンは新しい成長を表しています。

成長のもと

新しい成長は、B17の視覚的に見ることができないものによって引き出されます。

バイオレットは自然と落ち着かせ、静かにさせる色です。

クラウンのチャクラに共鳴しています。

私達がより静寂に居られるようになると、私達のクラウンチャクラが開いていく事が可能となり、そして、開くことによって私達がインスパイアされるハイヤーセルフ、私達の頭の上、マゼンタのエリアにあるソウルスターに対して受け入れられるようになります。

7つのチャクラの上にある一つの大きなスター。

このメッセージは、オリジナルのオーラソーマタロットカードのスターにあって、私の新年の写真の背景として加えました。



このイメージは、、何故昨年の6月にマゼンタのポマンダーが誕生したのか明確に表していると思います。

とても意味があり助けとなってとどまります。

私達のクラウンの上にあるソウルスターを刺激する活動をし、私達の気づきに洞察力を招きます。

私達がトルバドールが歩き、シェアした私達の真実に対してインスパイアしています。


B95 確認

私の写真の中の3つ目のボトルのテーマは確認です。 

スターのパスに対応する二つ目のボトルB95です。

上層にマゼンタが来ています。マゼンタとゴールドの組み合わせです。

これらの色は、私達の真実を生きるためには内側の原動力が要求されているという事をあらわしています。

名前の通り、マゼンタのソウルスターとゴールドのインカネーショナルスターがつながり、相互作用する。

これが起こるとき、この世界における私達の可能性として私達のゴールドが輝きだします。



コミュニティーを創る

これは、より大きな絵を私達にもたらします。

B114 コーラル/ディープマゼンタのこのボトルはイクイリブリウムシークエンスに一番新しく加わったボトルです。

これは連帯感(コーラル)のレスキュー(ディープマゼンタ)を表しています。

分裂した政治、分裂したコミュニティー、戦争が地域を引き裂きそして、
大量の移民のプレッシャー。

これが集合的なチャレンジです。

しかしながら、私達は、自分たちのパートのみに責任を取ることができるのです。

私達のスターに耳を傾け、そして真実を生きることによって、本当に私達の手の中にあるものにだけ責任を持つことができます。

そしてこれをすることは、地球上に位置合わせたスピリチュアリティーコミュニティーの達成に一瞬、一瞬、寄与することになります。

私達はすべてに参加することはないです。

恐れがたいてい因子です。

それでも2017年は私達が平和に私達自身お歌を歌い始める事をサポートするエネルギーを持っています。

コーラル/コーラルレスキューは私達それぞれが自身の歌を歌うものの、集合的にハーモニーの振動を創り出します。



スピリチュアルな特質

個人的にはワクワクする一年として見ています。なぜなら私の仕事に置いて、新しいステージに踏み出すからです。

2001年にデボーラでの仕事を終了してから私自身のキャリアとして最大の発展となります。

『スピリチュアルな特質(The Spiritual Dimension)』と言う教育プロセスを創ろうと思っています。

マゼンタから生きるというテーマを詳細にフォーカスしていき、そしてここ何年もコースを創り出し、オーラソーマの叡智とギフトを探求しシェアしてきた結実です。

もっと情報をシェアしていきたいと思っています。

実際わくわくする構想がたくさんあるので期待しててください。

あなたの夢はなんですか?
今年あなたが歌いたいと思う歌は何ですか?

あなたの事を聞かせてください。一緒にシェアする年です。


訳:R.T.




2016年8月7日

マゼンタPart 2 ニーチェ


暗闇に手を伸ばそうとした人

私は自分のマゼンタポマンダーを6月28日火曜日に手に入れました。

その夜、BBCでニーチェについての番組が放送されました。

ドイツの哲学者で1844年に生まれ、1900年に亡くなりました。

よくニーチェについては聞きますが、彼の研究について深く行き過ぎるということをしないないようにしていました。

彼の研究には闇の評判があります。

というのも、彼の死後ヒトラーとナチスが彼のアイディアを採用したからです。



番組を見るにつれ、私は彼の研究には強いマゼンタのテーマが流れている事に気が付きました。

たくさんあるので、彼の研究について2つの投稿をしたいと思います。

とても興味深いのは、最も有名な 神は死んだ・・・ という宣言からあるように彼はスピリチュアルであるということ。

ニーチェの全ての仕事は神は死んだという宣言が要約する、一つのパワフルなアイディアを前提としていました。

ニーチェは科学とマインドが今から急速に上がることにより、最終的にそして必然的に伝統的な信仰は取って代わると予見しました。

ニーチェの見解は、神は死んだは自由の宣言、そしてニーチェはまた、この自由は潜在的危機、意味が無くなる予兆と理解していた。

神を信じない事は、それを支えていた救済の目的そして伝統的なモラル構造が権力を行使しなくなる。

どんな意味のある目的やガイドがそれの代わりとなるでしょうか?

これが、ニーチェが生涯取り上げていた核心となる問題でした。




人生を肯定しているyes

ニーチェと同世代の人々の一人、ショーペンハウアーはこのどのように人生を生きるかという問題にとても憂鬱な方法で答えました

人生はひどく困難なので、人々が望める一番のことは痛みを最小限にすることだ。


ニーチェは
ショーペンハウアーを読み、心打たれたけれど、
その答えを受け入れる事は拒否しました。

ニーチェが神の慈悲を信じられなくなっていても(彼の父親のひどい死がこれを確実にしました)彼はまだ人生の活気のある肯定的な答えを見つけようとしていました。

ニーチェの拒絶のレッドは、ベースチャクラから人生を駆り立てるよう火を付けたのでしょうか?

私はそう思いません。

私はニーチェの人生を認める決断はスピリチュアルな情熱、第8チャクラのマゼンタが動機となっていると信じています。

私たちはニーチェが人類を上昇させたがっていたかを見ていきます。

上昇“uplift”)はマゼンタが体の上のクラウンの上に位置するのでマゼンタのアイディアを指します。



ハートとマインド

ニーチェの宣言神は死んだにもかかわらず、彼は自然な事ですが無神論者ではありませんでした。

彼はとても敬けんな家庭で育ちそして、素晴らしい感情、スピリチュアルな繊細さを持っていました。

例えば彼が9歳のときに初めてヘンデルのメサイアを聞いて「イエスが天に召されたときの大きく波打つ音である、天使の喜びの歌声に参加しなくちゃと思った」と言いました。

この感情の繊細さは頭の良さから来ています。

24歳で驚くべきことに彼はバーゼル大学の教授になりました。

歴史上最年少の教授の一人です。そして伝統的な本質のテーマにもかかわらず、古代ギリシアとローマ文明について彼はオリジナルであり、挑戦的な思想家でした。

生命の樹の条件では、私たちは、彼はネツアク(感情)とホド(思考)の両方が強かったと言えるかもしれません。

深いインスピレーションがティファレトでのソウルの気づきに開いて行くためにはこのようなバランスは重要です。


つまりそれがニーチェ。

我々の社会に意味が無くなり、倫理観が開かれるようになると確信した深い感受性を持った、力強い思想家。

そして彼にとって熱烈な興味は新しく人生のアプローチする基礎を見つける事でした。苦しみと目的の数々の問題にうまく対処する事でした。

彼はどんな答えを提案してくるでしょうか?

アート(芸術)の力

彼の最初の答えは、リチャード ワーグナーに会ったことによって刺激を受けました。

ワーグナーは音楽の作曲家でオペラに革命的なアプローチをしました。

ワーグナーはトータルの経験(全体芸術)で聴衆を圧倒したいと思っていました。

彼の最も偉大な業績はニーベルングの指輪で、ニーチェに会った時に彼はまだそれに取り掛かっていました。

抒情詩の比率、神話の力、強欲、ねたみ、英雄たちそして、悲劇。

一人の上演の継続時間、最低でも15時間が4日というのは人々を圧倒しました。

ワーグナーの上演の間、観客を暗闇に押し込む判断はまた、まったく新しい革新でした。

それは自分のことを忘れ、ステージ上の演劇にもっとすっかり夢中になってもらうようにデザインされたものです。

今では当たり前のようになっている事に驚きます。

ショーが始まるとライトが段々暗くなってくるのはここから始まっていました。

これは、B0に踏み出すようではありませんか?ディープマゼンタ。

私たちはショーのマジックが始まると、私たち自身のことを忘れてしまう。



神を信じ、そして救済の消失から人類の経験として何が価値と償いをもたらすのかという、B0 はニーチェの新興哲学の中心である。

彼の答えはアートでした。


ライトが落ちていくと、我々はより大きな存在の永続的な、耐え難い苦しみや、悪戦苦闘の世界に入っていく。

私たちは彼らの大きな物語を観客という同胞として生き、そしてその経験から私たちの物語は償われ、我慢できるようになる。

苦しみは避ける必要はなく、苦しみは生きているということの一部である。

ニーチェは神は死んだと宣言したかもしれない。

しかし私は、彼はアートの中に、偉大なる精霊、贖罪とヒーリングの力といったようなものを見ていたと思います。

タロットカードの愚者のことを考えている自分がいました。

オーラソーマのイクイリブリウムシークセンスでは、B0

人生に一歩踏み出す事を表しています。崖と意識が落ちていく事が彼の目の前にあります。

彼は人生を見失い、そして必然的にやがて、B22への流れがやってきて、愚者の再誕生となります。

生きていることが問題ではなくなります。

人は輝けます。愚者が最初の一歩を踏み出そうという意識がない限り、旅はありません。

人生に浸るのは最初の一歩です。

またこのことは最初の記事に書いた下向きの星のシンボルについて書いた事も思い出させます。

メッセージは繰り返されます。

地球においで。あなた自身を人生に浸しなさい。

経験することによって、人生の意味と価値をもたらします。

私の父の例

ニーチェのアイディアを私の実の父親の例で関連づけることができます。

彼はとても深く感じる人でした。

彼はまた、我々誰しもが持っているようにコンプレックスとチャレンジも抱えていました。

時々仕事から遅くに帰ることがあって、少々飲んでいて、父はお気に入りの椅子に座りボリュームをいっぱいにして音楽を聴く。

そういう夜には、ワーグナーをたいてい選んでいました。

彼は目を閉じ、その体験にはまってそしてたまに、私に向かって「ドミニクも聴いてごらん」こういう時には彼は別の状態に行ってしまっていました。

今日、特に興味を引いたのは、こういう時に使った椅子が苦痛から避難すると彼の中で関連づけられている事です。

一度この椅子はcarrenciaだと表現したことがあります。

Carrencia はスペイン語で闘牛のときに使われる言葉です。

牛が生と死をもがく闘牛場に入れられたとき、次の猛攻に向けて奮い立たせる避難所を造る。これが牛carrenciaです。

音楽の感動に夢中になって、父は何か大きな、美しく力強い経験に没頭することで、彼自身の問題は小さくまたは、消えた。私の父の経験はニーチェの確信の例だと思っています。ゼロのように空になり、より何か大きなもの、アートで満たされることにより、私の父は再び気持ちが上がったのです。

マジェンタ ディープと可視

この2つ目のマゼンタの記事では、ニーチェが強いマゼンタのテーマを彼の研究とそして人生において持っていたということを提案しました。

神を必要とするその先の価値を見つけようと計画するうちにマゼンタの濃さと可視に迫っていきました。

アートを我々人間の経験を歓喜と罪から救うものとして見たとき最初はB0のような大いなる経験という、我々自身をなくすというディープマゼンタを要求しました。

その後彼は可視のマゼンタへ迫っていきます。

鮮やかな、ピンクレッドマゼンタが濃いマゼンタから明らかになる。

アートと一緒にある神聖なる意識。

ヒーリングと贖罪の刺激となることを可能とします。

この新しいマゼンタポマンダーはアートのスピリットと共鳴しています。

目覚めと先へ進む

ニーチェはワーグナーが新しく造った祝祭劇場の夜のニーベルングの指輪のオープニングに行きました。

しかしながら彼は金持ちと富のもう一つのおつきあい予定のイベントだということを見てしまいました。

ワーグナーは上記の変容に有名人となりそして社会的成功を付け加えました。

ニーチェは嫌悪で劇場を後にしました。

人生のカギは危険に生きる事だと彼は書きました。

それからすぐに彼はまた、バーゼル大学での教鞭から去り、そして旅を始めます。

目的の源を改めて探しに


原文

訳:R.T.


2016年7月17日

マゼンダポマンダー Part1:ゴジラ



マゼンダポマンダー Part1:ゴジラ

2週間前、新しいマゼンタのポマンダーを体験しました。
この2週間使い続けて、その反射を受け、そしてたくさんの興味深い繋がりが。
ソクラテスから、ニーチェへ。タントラからゴジラへ!
最も重要な事は、マゼンタとディープマゼンタとの
とてもクリアな違いというアイディアをもたらしました。
このプロセスが深くそして満足できるものなので、
長文の1回の記事として投稿するのではなく、
これらのアイディアをシリーズで投稿しようと思います。

今日はパート1-マゼンタとゴジラです

シンクロニシティーと最初のシェア
626日、日曜日、初めてのマゼンタポマンダーの体験をしました。
自分用のものはまだ手に入れていませんでしたが、
何人かの友人がブリッジのコースの為にテッドフォードを訪れていて、
彼らの物を私にシェアしてくれました。
そこは、ローズコテージという村にあるオーラソーマの家のひとつでした。
マゼンタが私のオーラに入ると、
私はとても励起されたと感じました。
香りは知っている香りで、そして私が表現ができない方法で刺激しました。
私たちはどの程度の頻度で最初にポマンダーを経験するという機会にめぐまれるのでしょうか。
すべてが素晴らしい経験で、
そしてこの新しいポマンダーについて学んでいくということが直ぐに始まりました。



広島

私を訪ねてきてくれた友人たちは日本の広島から来ていました。
突然ある考えが浮かびました。
私の広島のマゼンタ体験は初めてではない。

何年も前 ローズピンク/マゼンタというコンビネーションの
大天使カマエルというB104が誕生した時に私は広島に到着し、
それは私にとって初めての広島でのコースでした。

平和記念公園と、そこから近い宮島が私に今日まで残っている
最も深いローズピンク/マゼンタのコンビネーションについての洞察です。
そして私は再び、新しいマゼンタのエネルギーを広島の友人と一緒に出会いました。
これは興味深い偶然ですが、次に起こったことこそが、私の思考を本当に停止させました。

ゴジラ

生徒の一人が、私にプレゼントを贈ってくれたのですが、
彼女が大のゴジラファンなので、ゴジラがデザインされたマグネットのセットをくれました。
彼女のTシャツの背中にあった、
大股で歩くゴジラを、後ろを向けて見せてくれました。
もちろん、私もゴジラは子供がみるように
東京の空を支配する映画怪獣として見たことはありました。
しかしながら、マゼンタのバイブレーションが空気中に残っている中では、
私はもう少し知る必要がありました









リツコさんはゴジラは古代の怪獣で深い海に住んでいるのだと教えてくれました。
原子爆弾が爆発したことによって、深いところから呼ばれました。
この爆弾の爆発はもちろん他のことも引き起こしました。
ゴジラのスーパーパワー『アトッミック・ブレス』。
この破壊的な力はゴジラの体内の深いところで蓄えられ、
彼を脅かす対象に対して発せられます。
ここで再び広島の共鳴です。
原子爆弾。ゴジラと東京を関連付ましたが、
原始爆誕は広島と非常に長い時間関連付けられます。

量子世界

この話に特に興奮した理由は、
正確には広島や原子爆弾だからではありません。
マゼンタと原子世界下の繋がり。
原始爆弾が起こるその力の世界との関係。原子爆弾は、
例えばダイナマイトのように普通には爆発しません。
原子爆弾の力はそこら中に物質として存在しています。
そして、膨大です。アインシュタインがもっとも有名な方程式で量化しました。
E = mc2.
E
エネルギー物質はその光の速度を2乗しかけた質量と等しい。
本当に膨大な数字です。
原子爆弾の考案者は爆発でバラバラになる物質を繋げておく、
チェーンの核反応を作る方法を見つけました。
純粋なエネルギーに物質を変換します。
熱、光、力それらが原子爆弾に破壊的な力を与えます。
物質は純粋なエネルギーになると単純に消えてしまいます。
ゴジラの未加工のそして、ある意味破壊的にもかかわらず、
とてもマゼンタの現象という、『アトミック・ブレス』のことを思い浮かべると興味深いです。
マゼンタのポマンダーは、量子世界第8チャクラの爆発表現になるのでしょうか?

レッドからマゼンタ

そのレッドの物質という情報は、オーラソーマのレベル1で私たちは皆知ります。
レッドはベースチャクラ、レッドはグラウンディング、レッドは肉体、レッドは物質世界。
ではマゼンダはどうでしょうか?
従来の虹の色ではありません。
従来の虹は肉体にあるチャクラの色です。
レッドから一番遠いクラウンチャクラのバイオレットから。
マゼンタはバイオレットからの次の色です。
従ってクラウンの上の第8チャクラという純粋なエネルギーセンター。
マゼンタは一切物質的ではありません。
その関係性は純粋なエネルギーです。
従ってマゼンタは原子下の純粋な量子世界エネルギーと完璧な関連となります。
ここに鍵があります。
原子は物質世界のビルのブロックです。〝レッド“
原子爆弾のデザインは、レッド物質が『消えて』純粋なエネルギーになります。〝マゼンダ“





私が初めてマゼンタのポマンダーを受け取った出来事はなんと興味深いことでしょう:
  1. 広島からの友人と一緒という場所、それは原子爆弾を最初に経験した場所。
    そして
  2. プレゼントのイメージにあったゴジラとの関係。原子爆弾によって目覚めた怪獣。そしてして敵に向けてこの生み出した原子のマゼンタブレスを敵に向ける。
流れ落ちる

その夕方の最後のシンクロニシティは2枚のTシャツにありました。
ひとつはリツコさんのゴジラのTシャツ。
すでにこのことは書きました。2つ目は私のです。
古くからの家族ぐるみの友人からマゼンタのTシャツをマゼンタのポマンダーが誕生したその日にプレゼントとしてもらいました。

もらったマゼンタのTシャツを最初に見たとき、
何のデザインかよくわかりませんでした。
通常は悪魔に関連するシンボルである下向きの星が左胸のところにありました。
しかし、このシンボルの深い意味はそのエネルギーです。
下向きへ意識が向けられています。
地球に向かって。物質世界に向かって。
その日の夕方、リツコさんのゴジラのTシャツにも同じテーマがあったと気が付いていました。

左胸にゴジラの文字があり、そのうえにゴジラの足型が下向きにスタンプされていました。
私が思うに、このメッセージは第8チャクラを示唆していると思います。
下向きの星と足は、地球に向かう動きを両方とも示唆しています。
マゼンタは頭上に位置し、原理的な自然な動きとして下に向かうのがマゼンタ。



最後に

これらのシンクロニシティはマゼンタへの興味深い切り口を見せてくれています。
広島とゴジラから私たちは量子世界のリアリティーへ導かれました。
スピリットの領域とよく見られるレベル。
意識へのミステリアスな反応の量子レベルは純粋なるエネルギーで、
第8チャクラや、オーラのよう。


パート2はドイツの哲学者ニーチェと生命の樹に私たちは出会います。





訳 R.T.

原文


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...